人気ブログランキング |

白いしっぽの独り言

sirorin77.exblog.jp
ブログトップ

しろのいない一年

昨日は職場の納涼祭。
朝の7時半から夜の9時半まで、ぶっ通しの仕事でした。
今年も盛況でたくさんの人出。
まるで老人ホームの盆踊りとは思えないほどの盛り上がりでした。
パートだってのに、残業5時間(爆)
分かっちゃいたし覚悟もしていたけれど、疲れました。
やっぱもう年だわーとしみじみ己の加齢を感じたのだけれど、
希望休にしていた翌日は犬学校。
それも朝の8時半からということは、6時半くらいには家をでなければいけない。
家に帰ったのが10時半過ぎ、遅い夕飯を食べて寝たら12時過ぎ。
睡眠時間5時間弱だけど、犬学校は張り切って行けるんだなー。


学校一の問題児ジャックラッセルのはく。
こんなんじゃリードを離す日が来るのか、
本当に心配していたのだけれど、
最近はリードを離してレッスンすることも多くなり、
ワタワタドタドタして落ち着きのなかったはくも、
大分マテも出来るようになって、しみじみと、
まめに犬学校に通ってきて良かったと思いいる日々になってきています。
っても、今の学校でせんせにしつけをしてもらっていなければ、
きっとあのまま飼い続けるのは難しかったかもしれないちうのも正直な気持ち。
ブリーダーに購入した犬を返却することが多いのも、
ジャックラッセルテリアにはありがちだと聞きますしね(-_-;)

8月29日生まれの「はく」
もうすぐ一歳になります。

c0123029_16594954.jpg
最近は暑がりのせいか、クーラーの風の届くこの場所がお気に入り。
ジャックラッセルって原産国がイギリスだから、暑さに弱いようです。







8月10日は「しろ」の命日。
去年の昨日の夕方6時半過ぎ、動物病院で亡くなったのでした。

あれから一年かーと思います。
短いような気がするけれど、
でも、たった一年でも、やっぱりたくさんの生活の変化があったりして、
それなりに長い時間が経ったのだなーと思います。

今日のレッスンで一緒だった生徒さんで、
やっぱり去年に愛犬を亡くしていた人と、
思い出のある道や場所を見るといまだに涙が出てしまう事、
親が死んでもきっとこんなに嘆かないだろうと思うと、
同じ思いを話し合っていたら、
老犬を飼っている他の生徒さんが、
避けられないその日が来るのが怖いと話されていて、
改めて、私はその喪失をもう経験したのだなーと感慨深く思いました。

本当に本当に辛い経験なのだけれど、
でもしろと過ごした15年がなかったとしたら、
きっと私はもっと詰まらない人生を送っていたし、
今よりもっと詰まらない人だったろうと確信しています。
だから色んな経験をくれたしろには、ひたすら感謝しかありません。
私の人生を豊かにしてくれて有難う。
毎年しろの命日が来るたびに、しろにお礼を言おうと思っています。





c0123029_17251348.jpg

c0123029_18143049.jpg

c0123029_18141872.jpg





そして、もうすぐ一歳のはくとの生活。
毎日、何かしら新しい発見があったりして、とても楽しく刺激的。
はくにも感謝して、毎日色んな事を頑張っていこうと思っています。







Commented by nuts at 2019-08-16 17:58 x
もうすぐお誕生日でしたか(^o^)/
ハクさん、何かご馳走あたるのかな♪

ワンコがいる生活って当たり前になってしまって
いざ居なくなってしまうとポッカリ腹部に犬型の穴が開いたようになります。
こちらの思い出のある道や場所っていうのを読んで、私は北海道に戻りたくなかった理由がわかりました(^_^;)
新しい出会いがあればいいんですけどね~、なかなか縁がなくて。
しかも今住んでいるところペット不可なんですよね(^^ゞ

1歳、これから先は長い♪是非北海道に一緒にお越しになってハクさんを
モフモフさせてくださーい(^o^)/
Commented by sirorin-rin at 2019-08-16 20:39
> nutsさん
コメント有難うございます。nutsさんどうされているかなーと思っていました。お元気ですか?
そうなんです、はくがもうすぐ一歳です。早いですね~。でも、しろの初盆でもあり、ここのところ毎日のようにしろを思い出しているので、お盆だから帰ってきていたのかなーと思っています。やっぱり、新しい犬を飼っても、前の犬の穴は埋まりませんね~。ほんと、お腹にぽっかりしろの型の穴が開いたままです。だから、多頭飼いの人ってある意味凄い、たくさん亡くしたら、心って穴だらけかも(苦笑)

今のところ、はくはモフモフというより、がぶがぶです(爆)
私の手足、いまだに歯が当たって出血と内出血がたくさん(-_-;)
もう少し落ち着いたらいいのに・・・と、せっせとしつけ教室に通っております。いつか、はくを連れてフェリーで北海道行ってみたいです!(^^)/
by sirorin-rin | 2019-08-11 18:17 | JRテリア「はく」アジリティーへの道 | Comments(2)

平成15年の夏、ゴミ捨て場に捨てられていた生ゴミ出身のしろとの生活。・・・・平成30年8月10日、15歳でしろは神様の元へ帰りました。そして、同年の10月25日、ジャックラッセルテリアの子犬「はく」がやって来ました。


by sirorin-rin