人気ブログランキング |

白いしっぽの独り言

sirorin77.exblog.jp
ブログトップ

はく、一歳

八月も早いもので、もう29日。
去年の今日、はくは生まれました。

c0123029_18322158.jpg
ネットでたまたま見つけた子犬。
ラフコートという毛の長い種類のジャックラッセルテリアが欲しくて、
そしてその当時生まれていたのは、この子だけでした。


はくが家に来てから10か月になります。
早いような、遅いような複雑な感じというのが正直なところ。


c0123029_16450681.jpg
でも、犬学校のレッスンでは、リードを離して練習をすることも多くなり、
はくの成長はしみじみと感じています。


c0123029_19105760.jpg
最近は、大分人間のいう事もわかってきたようで、
その場の空気というものも、少しだけ理解出来るようになってきたようです。


まだまだ暑い日が続くので、
やっぱり本当のアジレッスンは秋になってからになりそうですが、
それでも少しずつ、毎日の生活の中で、
お互いの関係性というのが進歩し続けているのを実感しています。



犬学校のせんせは、普段の生活においての、
犬とのやりとりというものを重要視しています。
ようは、アジのハードルだのトンネルだのという、
競技の科目が出来ればいいというのではなく、
お互いの関係性を作っていくという事においての普段のやりとり。
人間がやってほしいという事が、
犬に伝わって、なおかつやってくれるかという、関係性です。






これは最近、はくが覚えてくれた「バーン、やられたー」
前の犬のしろも上手にやってくれたものでした。
これは一週間ほどではくは覚えました。
やり方は「youtube」を参考にして(笑)
今、何でもyoutubeに、how to ものってありますよね。


このほかに、腕で作った輪を飛ぶジャンプと、
椅子に座っている私の腕の中に飛び込んでくるものを今教えています。
椅子に座ってジャンプしてくるというのは、
やがて競技会に出た時、ゴールでぴょーんと腕の中にはくが飛び上がったところを、
ハンドラーの私が抱えて、二人仲良くリンクから出ていくというものを目指して。
小型犬ならではのトリックで、かっこういいなーとしろと競技会に出ていた頃、
常々思っていたものでした。
いつか、あれが出来るといいなーと。



c0123029_19035536.jpg
落ち着きがなく、せっかちなはく。
これからますますどういった成長を見せてくれるのか、
とても楽しみです。

元気に健やかに、育ってね。
お誕生日、おめでとう!







by sirorin-rin | 2019-08-29 17:08 | JRテリア「はく」アジリティーへの道 | Comments(0)

平成15年の夏、ゴミ捨て場に捨てられていた生ゴミ出身のしろとの生活。・・・・平成30年8月10日、15歳でしろは神様の元へ帰りました。そして、同年の10月25日、ジャックラッセルテリアの子犬「はく」がやって来ました。


by sirorin-rin