人気ブログランキング |

白いしっぽの独り言

sirorin77.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

禁煙というか

c0123029_094038.jpg


今までヘビーに吸っていたタバコ代を、
過酷な状況にいる子供達のために、
NGOに毎月寄付する手続きをしてしまった(!)ので、
禁煙とかっていうレベルじゃないのです。

どれだけ自分がタバコを吸っていないか、
ここ数日、数えることもしませんでした。
今も、どうでもいいかな・・・と思っています。

私がタバコを吸いたいと、
もっと衝動があればいいのに。
どれも我慢して乗り越えるけど。
私の禁煙の苦しみなんて、比にならないくらい、
あの子供達の苦しみ大きいから。

知らないと、どんな事実も存在しません。
知識を得るということは、生きている上で、
本当に大切なことです。

アンテナを張ることが大事です。
ぼやぼやしていたら、あっという間に人は死にます。
私は気がついて良かった。
何かやれるかもしれません!(^o^)


他の人のために、生きる。


結局、他の人は全て、
自分の一部なのですから。
by sirorin-rin | 2008-08-31 00:18 | 飼い主のつぶやき

マザーテレサの言葉

尊敬する人が誰?と聞かれて、
今までの自分には具体的にはいなかった。

今年不惑の年齢になり、初めて見つかったなあ。
「マザーテレサ」「江原啓之」
それだけでも、大きい成長。
ってか、老化か・・・(爆)

マザーテレサの言葉

c0123029_1545549.jpg

by sirorin-rin | 2008-08-28 01:55 | 飼い主のつぶやき

妄想・・・・(ーー;)

c0123029_0414987.jpg


狭いながらも、猫犬のしろは、
この小さいベッドに馴染んでいる模様。




確か、前にも言った事があるかもしれませんが、
数年前から、
私は、江原啓之さんのサポーターズクラブに入っています。
私的には、決してミーハーな気持ちではなく、(ミーハーって(苦笑))
自分的に、今まで江原さんが言ったりしたりなさったことに、
思い当たり、共感する事が多いので。
なお、私はどっちかっていうと、
どんな詐欺師にも騙されないタイプです。えっへん。(-_☆)


霊感はあるほうだと思います。
守護霊の存在も信じているというより、
知ってます。ここ5年くらいの間に、
色々気づかされる不思議な現象もあり、今にいたりました。




そのもう人間でない存在の方達に、
今日言われた言葉がありました。
泣けました。自分が情けなくて。
ここに書くことは、何か意味があるのだと思います。
怪しいブログになりそうですが(苦笑)
でも、これもしろの飼い主の一面でもあります。





「自分の今生きる人生が平凡だと嘆きながら、
 誰か他の人の為に生きたいと思うことには、矛盾があります。分かりますか。
 本来の平和や幸せは、富でも栄光でも無く、
 単純に日々、食べるものや住む場所の悩み無く、
 雑事に追われて疲れながらも、いつもそれから先の自分の夢を語れる事です。
 そして、ぐっすり眠れて、次の朝気持ちよく目覚められるということです。
 そんな環境における自分の恵まれた幸せも分からない人間に、
 本当の意味で不幸せな境遇の、食べるために身を売り、血を流し、
 住む場所の為に、自分の人生を生きる為の希望を引き換えにしている、
 他の国の貧しい人達の力になれるとは、到底思えません。
 己の幸せも分からない人に、他の人の幸せは願えません」



今日、内観していて頂いた言葉です。
最近、内観をするたびに、
年甲斐も無く、号泣しています。
私はまだまだだ。(T_T)
でも、どの言葉も最もで、
そして、生まれ変わりを繰り返しているくせに、
なかなか身につかない課題だったりします。

でもでもでも!!
私は前に進みたいのです。
こうして助言を下さるということから、
幸せだと実感していかなきゃいけません。
感謝なのです    (^人^)
by sirorin-rin | 2008-08-27 00:30 | 飼い主のつぶやき

小さい事から

めっきり室内で過ごす事の多くなったしろのために、
ベッドなるものを買ってきたのだけれど、
売っている中で一番大きいベッドだったのに、かなりきゅうくつらしい・・・


c0123029_13544737.jpg



秋口になれば、きっともう少し大きいのが出てくるだろうから、
少しの間、これで我慢してもらえませんでしょうか・・・・


c0123029_13565587.jpg


全くひどい話ですよ。BYしろ





昨日の「闇の子供達」の記事を書いてから、
ずっとずっと何か自分に出来る事は無いのかと、
色々考えていました。
自分は非力だからと、はなから諦めてしまったら、
そこで何もかも終わりです。
何も世に残るような凄い事などはしなくてもいいわけで、
(やろうと思っても出来ませんが(苦笑))
自分の力で出来る事をすればいいんだよなあと考えていました。

一番いいのは、NGOの職員を目指して勉強して、
現地で実際に子供達を助けて働けることが一番望ましいのですが、
年齢も年齢だし、それにもう今回の私の人生は決まってしまっているので、
家族を放って自分だけ好きな行動をするというわけにもいきません。
(生まれ変わったら是非、そういう仕事につきたいが)
でも、何かしたいという衝動がどうしても抑えきれずにいました。

マザーテレサは「インドの子供を助けるよりも、日本の子供を助けなさい」
と、以前来日した時におっしゃったそうですが、
色々ネットで調べたりすると、
養護施設などで寄付を募るのが、
「新しく施設を建て直す」ためだったり求めている額も違ったりして、
私個人の力ではなにも出来ない次元の話。
それに、私は働いていて税金を少しでもなんでも納めているので、
まるきり日本の福祉の為に役立っていないわけでもないし・・
などと色々悩んでいました。


何年か前から縁があって、フォスタープランジャパンというNGOに、
毎月5000円の送金をしております。
私達は子供がいない夫婦なので、
少しでも世の子供達の手助けが出来たらいいと、
始めたものでした。
私達の送っているお金は、
パキスタンに住むナスリーンという少女が、
学校に行き教育を受けるために、役立てられています。
彼女とは、時々手紙でやりとりをして、コミュニケーションをとっています。



今日、何気にそこのHPを見ていたら、

「ストリート・チルドレンと働く子どもたち」
「障がいのある子どもたち」
「HIV/エイズに苦しむ子どもたち」
「紛争に巻き込まれた子どもたち」
「虐待される子どもたち」

プラン・マンスリー・サポーターでは、
紛争や、虐待などの困難な状況に直面する子どもたちのための、
5つのテーマに沿ったプロジェクトを支援します。
路上での生活、厳しい労働、HIV/エイズ、紛争、虐待…。
途上国に暮らす子どもたちが直面している問題に取り組むプロジェクトを
企画しています。


とあり、
これだっ!!!と、思いました。

まるきり小説「闇の子供達」の中の主人公達がやっていることと同じ事を、
実際に現地で活動している人々がいるのですよね。
それすらも、恥ずかしながらたった今日知ったのでした。


月々5000円、わずかながらですが、
この企画にも参加しようと思います。
でも、ただお金を払えばいいというわけではなく、
それでは私の気がすみません。
現地に赴き、人助けが出来ないのなら、
自分で何か出来る努力は無いのかと思ったわけです。


私は結構ヘビースモーカーで、
一日1箱半以上のタバコを吸います。
それをやめれば、月に12000円は軽く浮くことになり、
それで援助をすれば家計にも負担はかからないし、
逆に今まで払っていたナスリーンの分まで賄えてしまうことになります。
体も健康になるし(^ー^)ノ


ということで、きっぱりタバコをやめることにしました。
マザーテレサはノーベル平和賞を受賞し賞金6000ドルを貰ったとき、
「これでパンが何個買えますか?」と言ったそうです。
私の吸っていたタバコは1箱320円、一日分で480円にもなります。
小説の中の貧しい農村の10歳にも満たない子供達は、
30バーツくらいで売春をさせられていました。
1バーツは大体4円くらいだそうです。

20年も吸っていたタバコをやめるのは、
きっと簡単ではないと思います。
でも、私が我慢したことでできたお金が、
少しでもあの可哀想な境遇の子供達の、
何らかの力になれるかもしれないと思えば、
これは、私がして当然の努力なのだと思います。
by sirorin-rin | 2008-08-25 13:57 | 飼い主のつぶやき

闇の子供達

c0123029_2117198.jpg


最近、すっかり室内飼いのしろ。
名物、箱座り。



夏休みが終って仕事に復帰したはいいけど、
三日前ぐらいから腰を痛めてしまって、やれやれ。
仕事は何とかできるけど、靴下履くのもままならない感じ。
若いつもりでいても、こういうところで自分の年齢を感じるなあ。


今日のお休みは、しろと散歩しながら家でゆっくり。
しばらく、アジ練も様子見だなあ。
旦那はゴルフ、野球と飛んで回っていて、
午後八時にはご就寝しております。


最近読んだ中で衝撃だった本「闇の子供達」
映画にもなったんだって~と、興味本位に買ったら、
内容は物凄くショッキングで、
まだ立ち直れず。
昔タイには旅行で行った事があるけど、
無責任な旅行者として町を歩いた裏に、こういう世界があったとは。
これ、どうやって映画にしたのか。
つか、私は映像でこの小説を見る勇気がありません。
弱虫です。(T_T)

どうにかしなきゃ、どうにかなるもんなんだろうか、
自分の非力さを感じる。
幼児売買春、臓器売買、麻薬、マフィア、食べるものにさえ困る貧困、
自分の子供が生き残るために、
貧しい国の生きている子供の内臓を金で買う先進国(例えば日本)の親。

私一人がアタフタしても、どうにでもなるものではないけど、
私はこういう事を知らなかったことを恥ずかしいと思った。
たくさんの人が事実を知って、
小さなところから発した世論が、いつか世界を変えますようにと、
祈るばかり。

何も出来ないだろうけれど、
でも、何か私に出来る事を探して見つかったら、行動に移していこうと、
せめて心に誓う。


DVD「マザーテレサ」
何度も見ている私の癒しと救いのビデオです。
実際にこういう人がいたという事実は、
生きる勇気をくれます。
つましい生活に追われて忘れがちだけれど、
でも、心だけはいつも彼女の思いに添っていたいと、
見返す映画。




人は不合理、非論理、利己的です
気にすることなく、人を愛しなさい
あなたが善を行なうと
利己的な目的でそれをしたと
言われるでしょう
気にすることなく、善を行ないなさい
目的を達しようとするとき
邪魔立てする人に出会うでしょう
気にすることなく、やり遂げなさい
善い行ないをしても、
おそらく次の日には忘れられるでしょう
気にすることなく、し続けなさい
あなたの正直さと誠実さとが、あなたを
傷つけるでしょう
気にすることなく正直で、
誠実であり続けなさい
あなたが作り上げたものが、
壊されるでしょう
気にすることなく、作り続けなさい
助けた相手から、恩知らずの仕打ちを
受けるでしょう
気にすることなく、助け続けなさい
あなたの中の最良のものを、
世に与えなさい
けり返されるかもしれません
でも、気にすることなく、最良のものを
与え続けなさい
最後に振り返ると、あなたにもわかるはず
結局は、全てあなたと内なる神との間の
ことなのです
あなたと他の人の間であったことは
一度もなかったのです


マザー・テレサ
by sirorin-rin | 2008-08-24 21:22 | 飼い主大好き!ビデオ・本  

磐梯山温泉ホテル

五日間のお休みも、あっという間に終わり。
どうしてこんなに休みの日は時間が過ぎていくのが早いのか、
毎回不思議でしょうがありません。
時計を見ている間にみるみるうちに、
一時間や二時間が過ぎていくような気さえします。
旦那にどうしてだろう?と問うたら、
何も考えてないからじゃん。と言う答え。
そうだよな~と思います。
仕事から離れて日常の雑事から離れている時間は、
ほとんど何も考えてません。
食べる、飲む、寝る、しろと遊ぶ。それだけですから。


さて、今回のしろとの犬連れ旅行は福島です。
高速の「磐越」が出来て、アクセスには便利になりました。
道中、トンネルが多いですが、トンネル内も昔に比べたら明るくなって、
運転しやすくなっていました。
しかし、お盆休みの連休というのは、
本当に凄くて、どこに行っても混んでて閉口しました。
出来るなら、今度は人の少ない時に訪れたいと思います。



磐梯山温泉ホテル

茨城の私の住む町から3時間半。
冬はスキー場が目の前の、山の中腹にあるリゾートホテル。
部屋数は物凄くあるのですが、犬がOKの部屋は3部屋だけです。
なので、今回のように混む時期は、早めの予約が必要です。

しかし、私の感想を述べれば、
犬連れOKとはいうものの、普通のリゾートホテル。
それもその辺の犬連れOKのペンションなんかとは、
まるで規模が違う大きいホテルです。

チェックインするとき、
フロントドアには2人のドアボーイ(!)が控えていて荷物を運んでくれます。
それに、ピアノの演奏の流れているようなロビーに犬を連れて入るのは、
とても勇気が要りました。
犬連れOKといえども、三頭しか泊まっていないのなら、
このホテルの大きさでは、犬が泊まれると知っている人の方が稀のような気がしますし、
実際、普通に廊下とかで犬を連れていて、
すれ違う他の宿泊客に驚かれました。
エレベーターは先客があると、しろのような中型の犬だととても気後れして乗れません。
無駄吠えしないしつけ、トイレトレーニングなどの最低のしつけなどをしていないと、
恐くて泊まれないホテルでもありました。

幸い、しろはよそへ出かけると借りてきた犬になってしまうので、
まるで吼えません。
それに手術をしてからというものの、性格も穏やかになっていて、
ふと気がつくと、知らない人がしろをぐりぐり撫でていたというシーンもありました。
以前のしろの凶暴さを知っているので、
私は死にそうにびびりましたが、大丈夫でした(爆)

ホテル自体は綺麗で過ごしやすく、
犬連れに取っても散歩の場所には事欠かない、素晴らしい宿でした。
なにしろ、気温も茨城と10度は違います。
避暑地とはこういう場所をいうんだと、しみじみ思いました。


ガイドブックにあるどの観光の場所に行っても、非常に混んでいて、
こらえ性のない私達は戻ってきてしまっていたので、
結局はホテルの周辺だけで過ごしてしまいましたが、
とても良い時間を過ごせました。




以下、写真集で旅の様子をどうぞ。



c0123029_2016988.jpg


出発当日は、雨模様でした。
でも、犬の散歩が出来ないほどではなく、
逆にこんな涼しさなら、大歓迎というほど。
当日、姑と電話で話したら、茨城と10度違ったようです。


c0123029_2018136.jpg


途中で、しろのために休憩をした場所にて。
綺麗な向日葵でした。でも、全てがお日様の方向に向いているというのは、
植物の習性ながら、ちょっと気持ち悪い感じ。
「前へ、習え!!」
そんな感じでした。


c0123029_20205530.jpg


虹が出ていました。

c0123029_20213594.jpg


c0123029_20215362.jpg


c0123029_20221632.jpg


ホテルの前にて。

サッカー遊び


走れ~!


c0123029_20224122.jpg


やぎもいました。

部屋に戻ると、部屋の主が( ̄□ ̄;)!!

c0123029_20262022.jpg


ホテルでは、私達より、しろの方がくつろいでいました。
なかなか、こういう状況になりません。
願ったりでした(^ー^)ノ


c0123029_20333228.jpg


ホテルの食事は、朝食も夕食も、バイキング。
工夫がなされた料理が、たくさん食べきれないほど並んでいました。
美味しかったです。


トータルで、このホテルはとってもいいです。
冬の間はスキーでにぎわうだろうから、
また来るとしたら、夏に来たいな~と思います。
目の前にゴルフ場もあるし、夕方はご夫婦二人で回っているのが見えたので、
私達が二人で回れるかと申し出ても、融通がきくかもしれません。
早朝とか、夕暮れ時とか。
来年の夏のお休みは、またこちらで泊まって、
ゴルフと、しろの夏草ゲレンデ走り放題を満喫するのも、いいかもしれません。


また、明日から仕事です。
こう書いていて、まだ実感がないのですが(苦笑)

それにしても、楽しい休日でした。
またこうした休日が持てるよう、日々頑張ろうっと。
神様、感謝ですm(__)m
by sirorin-rin | 2008-08-17 17:29 | ワンコとお出かけ(先代犬しろ&現役はく) | Comments(4)

夏休みに向けて

しろのいつも行っている美容室が12日からお休みだというので、
今日のうちに予約をいれておりました。

美容室に行く前。

c0123029_1451446.jpg



カット後。

c0123029_1452749.jpg


チリトリ一杯に、しろの毛が集められておりました。
本人もすっきりさっぱりした模様。



まだ仕事は二日残っていて、店のお休みは13日からなのですが、
待ち侘びていただけあって、もうなんだか心の中はお休みモード。
自営なので、5日間というまとまったお休みは久し振りなのです。

実家に帰って、その後、福島へ犬連れ温泉旅行の予定。
楽しみ~~~~♪ヽ(´▽`)/♪
by sirorin-rin | 2008-08-11 14:08 | 飼い主のつぶやき | Comments(6)
外の気温が34度を越えると、
締め切った車の車内の温度は60度を越えると、
テレビでやっていたっけ。

サウナ状態ですねえ。サウナ状態ですよ。と、
冷房の効いた部屋のベッドの上で、
うとうと昼寝をしている白い犬に捨て台詞を吐きながら、
そんな車に乗り込み、店の買い物に行っております。
皆さん、お元気ですか?←ちょっと壊れ気味

忙しいことは嬉しいことです。
今日は金曜です!頑張らねば(^人^)感謝

c0123029_11153924.jpg





いつも、店の買い物をしに車に乗るとよく見かけるのが、
「赤ちゃんが乗っています」のプレートをつけた車。
あれって、いっつも思うのは、
後ろを走る私にどうしろと?という疑問。
赤ちゃんが車に乗っていて、気をつけて運転しなきゃいけないのは、
あなたでしょう!といつも突っ込みを入れています。

後ろに注意を訴えるプレートをつけているので理解出来るのは、
若葉マークやシルバーマーク。あれは後ろの車に注意を促すのは理解が出来ます。
免許取立て。(そりゃ後ろも気をつけなきゃ)
高齢なのです。(ゆっくり運転してね)
なんて、表示はかえって歓迎です。

「私、滅茶苦茶運転下手です」なんてプレートもいいかも。
私もあまり上手くないほうだけど、こんな正直なプレートがあったら、
後ろの車も「分かったよ!頑張ってね!」と、応援したくなるでしょう。
高速乗るときは是非、私もつけたい。つけさせて欲しい。売ってないかな。


あとは、
「免停まであと一点!!」ってのとか、
「廃車2台め!御免!」とか、
なんてのも、ありですよね。
そんなプレート前の車に見たら、速攻横道入りますが(爆)





さて、40歳二年目の大人のピアノ。

ただ今の課題曲「春を待つウクライナの娘」
(今日の記事の題名とは何の関係もありません(爆))


楽譜自体はシンプルな感じがするのだけれど、
スローな曲は難しいよ!との先生(24歳美人)の言葉通り、
とても難しい。和音がきっちり重ならないでばらつき加減になりがちだし、
間合いというか、歌でいうところのブレスの入れ具合がとても微妙。
それに何気に、指がアクロバットな動きをしたりして。
薬指なんてつりそう。
もっともっと、ハノンで鍛えなければなりませんな。
先生が弾くと、物凄く美しくセンチメンタルな曲になるのです。
険しく、遠い道のりは続く・・・・・・・


春を待つウクライナの娘 練習中
by sirorin-rin | 2008-08-08 11:16 | Comments(4)

アイスな休日


普段は外飼いのしろ。
のはずが、最近暑い日中は何故か私達の部屋に転がっている事が多い。
クーラーの効いたヘヤに転がる犬。

c0123029_21452849.jpg


転がる犬。

c0123029_21455481.jpg



にやける犬。

c0123029_2146253.jpg



c0123029_21465183.jpg


終いには、ベッドの上で「いやんいやん」をする犬。
なんなんだ(爆)







今日は、週に一度のお休みの日曜。
最近、暑すぎて朝夕は舅が散歩をしてくれるというものの、
私が昼間のしろの散歩には行けないので、
今日は頑張って6時に起きて、しろとの散歩へ。
前の日が最後のお客さんが帰ったのが午前一時半。
即効で片して寝たのが二時。
起きるのは本当に辛かったけれど、
可愛いしろのため、頑張りました。
(昼間寝てりゃいいし。クーラーの効いた部屋で、勿論しろも)

c0123029_2147322.jpg


涼しいからか、しろは元気一杯に歩いて歩いて。

c0123029_21475970.jpg


向かった先は「セブンイレブン」( ̄□ ̄;)!!

c0123029_21482759.jpg



しろはぐんぐん紐を引っ張って引っ張って、どうしたかってくらい引っ張って。
なんと!セブンイレブンの自動ドアを開ける勢い。

c0123029_21484972.jpg



実はこの間の「大鷹の湯」にお泊りに行った時に、
旦那と一緒に二人と一匹で散歩をした時に、セブンイレブンに寄って、
缶コーヒーやらを買って飲んだのですが、
その時に、しろにアマアマの旦那が、
「しろの為に」とバニラのアイス棒を買って一口与えたことがあったのでした。
どうやら、しろはそれを覚えていたらしい!!
だから、セブンイレブンを見つけて、突進していったというわけで。


店の中に入って行ってカウンターで「アイス下さいなのだワン!」と言われたら困るので、
(言わないけど(爆))
しょうがない、駐車場にしろを繋いで、
バニラ味のアイスを一つ買ってしろに一口上げました。
(結局、私もアマアマ)

c0123029_21492398.jpg


c0123029_21494278.jpg



嬉しそうなしろに溶け~~~な犬馬鹿でした。(爆)





しかし、残りのほとんどは全て私が食べるしかないので、
セブンイレブンの駐車場で、
早朝から犬の傍らでアイスを貪り食う40歳のモンチッチの図が当然繰り広げられ、
通り過ぎる人達のいぶかしげな視線を浴びること、浴びること。
どうか店のお客さんがいませんようにと祈りながら、
セブンイレブンの駐車場の片隅で、もっと欲しくて涎をたらす犬の傍らで、
目を伏せてアイスを一気食いした夏の日でした。(爆)


旦那は高校野球部のOB回の親睦ゴルフ。
この暑さ、ご愁傷様と呟きながら、
しろと私は日中は冷房の効いた部屋でお昼ね三昧。
夕方は千葉の犬学校へアジ練。
夜はビデオ鑑賞「魔法にかけられて
ディズニーの映画で、設定は童話の中のお姫様が現代に来てしまうという、
なにやらファンタスティックなあらすじ。
だけど、展開は妙にブラックで、ディズニーがやるかよっ!と、
突っ込みいれたくなるような、
皮肉なユーモアたっぷりだけど、心温まる作品でした。



とっても充実している一日でした。
また明日から、頑張れそうです(^ー^)ノ
by sirorin-rin | 2008-08-03 21:50 | 飼い主のつぶやき | Comments(8)

平成15年の夏、ゴミ捨て場に捨てられていた生ゴミ出身のしろとの生活。・・・・平成30年8月10日、15歳でしろは神様の元へ帰りました。そして、同年の10月25日、ジャックラッセルテリアの子犬「はく」がやって来ました。


by sirorin-rin