人気ブログランキング |

白いしっぽの独り言

sirorin77.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

顔を洗う犬・・・

しろは犬なのに猫みたいな仕草をすることがあって、
両前足を体の下に入れて座ってみたり、前足をなめて顔をなでて見たり、
変な犬ーーーと常々思っているのだけれど、
今日は猫風に顔を洗っているのを、あわてながらもカメラで動画を撮影。
いつもはカメラを探している間に顔を洗うのをやめてしまうので、
思わずガッツポーズをとってしまいました(爆)




他のわんさんたちも、こんな風に顔を洗ったりするのでしょうか・・?(⌒ー⌒)?
by sirorin-rin | 2009-05-31 16:37 | 飼い主のつぶやき | Comments(4)
c0123029_0522180.jpg



ブログをご無沙汰している間も、
飼い主は、せっせせっせと図書館に通い、
毎日本を手放さない生活なのです。


今年41歳になる私は、
自称「本の虫」です。
でも好きなジャンルしか読まないので、
他の本の虫の人に言わせたら、凄く偏っているでしょう。
なので、評論家にはなれません(爆)

日々の仕事、生活が主なので、
現実逃避のエンターテイメントが主の趣で、
いつも本を買っていたのですが。




図書館に通い、本を買わなくなってから、
冒険という意味で、
ちょっと趣向の違うものも借りてみることが多くなりました。
だって、タダだしタダだし~~~~。タダだし~~~。
この動機って大きい。


ひょんな事から知ったノーベル文学賞作家のスタインベックの本を、
借りて読んでみました。
「怒りのぶどう」私は小説を読んで30年位になりますが、
もちろん、スタインベックの名前くらいは知っていたけれど、
彼の本を手に取ったことはありませんでした。
固そうってイメージがあったし。
自分の時間に固い小説読みたくないし~~~という若者だったので(爆)

でも「怒りのぶどう」ラストで、
感動して号泣しました。
今までも色んな本を読んでいて、涙ぐむってのはあったけれど、号泣は初めて。
凄い作品です。
私は出会えて良かったと、しみじみ思います。
だから、ピューリッツァ賞を取ったりしたのですね。
納得です。


キングもクーンツも素晴らしいし好きだけど、
やはり、古典や純文学も素晴らしいと、最近思います。

ノーベル文学賞作家は日本にもいますね。
大江健三郎、川端康成・・・
実は十代の頃、彼らの作品は読んでいるのですが、
あんまり覚えてない(ーー;)

やっぱりね、
思うんです。
人間の人生の機微ってのは、
ある程度、生きている年数を重ねていかないと、
理解できないものなんだろうなあって。

仮想人生を描かれている小説。
書かれている登場人物の、
人生の再体験をある程度リアルに理解するには、
やはり、自分自身の人生の体験が必須。

41歳というこの年になって、
ようやく色んな人の痛み、喜び、楽しみ、苦しみなんかが分かってきたのだろうなと、
読む本を通して思っています。

人の痛みが自分の痛みに、
人の幸せが自分の幸せに感じられる。
だからこそ、
名作といわれる小説達が面白くなるのでしょう!!!




スタインベック全集は、片っ端から読む予定ですが、
(借りるの一冊6000円越えの本がタダだし(爆))
川端康成、他色々な古典の名作を読み漁ってみようと思っています。

図書館、万歳!!!(⌒ー⌒)


c0123029_053298.jpg

by sirorin-rin | 2009-05-29 00:53 | 飼い主大好き!ビデオ・本   | Comments(4)

「素直な心」

大人のハノンの教本の最後の曲
ブルグミュラーの「素直な心」
この曲はブルグミュラーの練習25曲の第一番。

40歳ピアノ暦2年目にして、何かようやく、
クラシックピアノの初級者の入り口に立った気がする。
今までは楽譜すらも読めない状態だったから、
ピアノを習う前の段階を習っていたという感じなんだよなー。

ブルグミュラーの練習曲はハノンやバイエルよりも、
もう少し指のテクニックを必要としながら、そして曲として十分魅力的なもの。
どれも聞いたことがある曲ばかり。
だから練習していてもとても楽しい。

気が進まない曲だと何週間かかっても暗譜出来ないのに、
この曲は一週間で暗譜してしまった。我ながら、びっくり。
まだ先生の前では弾いていないのに、これだけ練習した曲は初めて。
それくらい楽しかった。
またブルグミュラーの曲が教本の中に出てくるといいな~。
(出来上がりはまだまだ・・・。先生に直してもらってないし。
 でも暗譜出来たので嬉しかったのです。 ブルグミュラー「素直な心」)




前回から引き続きの課題、連弾の「愛の挨拶」は伴奏のセコンドが宿題だったので、
電子ピアノの録音機能を使って自分で演奏したメロディーパートのプリモを録音して、
それに自分のセコンドを合わせて練習した。
まだ怪しいけど(←練習しろよ(爆))、今度の火曜のレッスンでは大丈夫だろう。
うん、きっと多分。後は気合だー。(笑)


ハノンが終わったあとは、大人のバイエル下巻なので、
ざっと予習してみる。
下巻は、バイエルの45から始まっているのだけれど、
おーーーっ!と感動することに、
初見で大体弾けるじゃないの!2年やってきたことはちゃんと身についているのね。
52まで見てみた。つっかえたりする箇所はもちろんあるけれど、
どれも初見で大体大丈夫な感じ。
我ながら凄くうれしい発見だった。
だもの、練習が楽しくてしょうがない。
バイエルははかどりそうな予感なのでした。


しかーーーし、
「愛の挨拶」の後の連弾「アイガットリズム」
リズムも難しいし、長いよー。
教本4冊目の最後の曲。これはかなり手ごわそうです。(ーー;)
by sirorin-rin | 2009-05-24 18:43 | Comments(4)

初夏なのに~(ーー;)

温暖化のせいか、5月でも夏日が続く茨城地方。
実は私、ここの他に最近始めたミクシーとピアノブログを持っているのですが、
どっこもかしこも、一時休止中です。
休んでいても、見に来てくださっている人がいるというのは、
本当に申し訳ない。有難うです。

ただいま、前の記事に書いたように、
時間があれば、本をむさぼって読んでおります。
子供の頃は、食ってるか風呂入っているか以外は、
本当に本の虫でした。
大人になってからは、時間が無いから~、
本を買うのも高いし~、と自分に言い訳をしてすごして来たのですが、
市立図書館という存在に気がついた今、
前の本性に戻っています。
集中して読むと言う事に不慣れだった中年の疲れ目も、
ここ数日は鍛錬されたのか、目薬が必要なくなりました。

今は本を読むことを楽しんで、
日々の雑務をこなして生きていたいです。
でも、近況はこうして書きますので、
たまに覗いてやってくださいませ。m( __ __ )m



しろはサマーカットしました。
ライオンの尻尾ですって。

c0123029_020747.jpg


c0123029_020201.jpg


しかーし、当の本人は・・・


しろ。
もう、夏が来るよ。(ーー;)

c0123029_0193118.jpg

by sirorin-rin | 2009-05-14 00:20 | 飼い主のつぶやき
c0123029_144235.jpg


更新をサボっているのに、毎日見に来てくださっている方々がいて、
心苦しいです。どうもすみません。

nutsさんのようにネット上の付き合いが長い方は察して下さっていると思いますが、
実は、今時間があると夢中で本を読んでいます。
前の更新が滞った時は韓流ドラマ、華流ドラマにはまっていました。

熱しやすく冷めやすい飼い主・・・。
多分、またもう少しするとブログに帰ってくると思うので、
その時はまたよろしくお願いします。

c0123029_182661.jpg




しろは元気で毎日「うーーーー」と、飼い主を威嚇しています(爆)

ピアノもぼちぼち練習しています。
次の曲は連弾。どうなるやら~~。

小さな居酒屋の仕事は不景気ながら、
食べていけるくらいにはお客さんも来てくれています(笑)

とーーっても、元気です。

c0123029_191432.jpg



読書ですが、ビデオ見ることもやめてしまって、
ひたすら没頭しています。
キングから新井政彦経由で、今はクーンツ。
本を読み終えて図書館に行くと、もうわくわくして目がハート。
読んでも読んでも、本はもっともっとある!!
そんな喜びで、ここんとこ飛び跳ねている毎日。
(リクエストすると2、3日後には欲しい本が手元に来るから、
 一生本は買わない~~~)

c0123029_195296.jpg


小学生の頃の通信簿には、
「本を読むのはいいことですが、授業中はやめなければいけません」
と書かれていたことを思い出します。
「本の虫」「活字中毒」
なんとでも呼んで頂戴。

だって!!
仕事中だって、お客さん帰り待ちなら厨房で本を読んでいても文句言われないし!
活字中毒には誰も文句言わない!(爆)
実際、酒を飲む量も減り、一石三鳥くらいあったりして。
(泥酔しては本は読めないからね)

ということで、
しばし、読書の間のお別れです。
そのうち、まとめて読んだ本のレビューしますね!(⌒ー⌒)ノ

c0123029_1105178.jpg

by sirorin-rin | 2009-05-09 01:11 | 飼い主のつぶやき

平成15年の夏、ゴミ捨て場に捨てられていた生ゴミ出身のしろとの生活。・・・・平成30年8月10日、15歳でしろは神様の元へ帰りました。そして、同年の10月25日、ジャックラッセルテリアの子犬「はく」がやって来ました。


by sirorin-rin