人気ブログランキング |

白いしっぽの独り言

sirorin77.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

アジの休止

c0123029_0203561.jpg



まだ8月だけれど、
もう夏は終わったような風が朝夕に。
寂しいような、ほっとするような。
真夏の昼間の犬散歩はままならないので、
秋が来ると嬉しいのは正直な気持ちです。


c0123029_020566.jpg



私自身がピアノにもっと時間を注ぎたい気持ちがあって、
すっかりしろとのアジ練はご無沙汰。
オプデスの競技会も9月は出れないし、10月も土曜だったら無理なので、
しばらく予定がないせいもあるのだけれど、
ちょっとアジをお休みするかな・・・なんて思っています。


c0123029_0212669.jpg



いくつかのピアノのサークルに入る事が出来て、
練習会とか発表会とか、予定も満載。
平日に朝5時起きで早朝に仕事を終えてから、
店の開店の夕方に間に合うよう、
都内への練習会に行って戻ってくる・・なんて予定もあります。


c0123029_0221026.jpg


レッスンも月に6回あるし、
本当に日々ジェットコースターのように時間が過ぎていく毎日。
でも、前の日は上手く弾けなかった練習曲が、
昨日よりは少し弾けるようになっているのを発見する喜びは、
本当にまた新たな感動です。


しろとのアジは、正直に、
私としろのレベルでは、
やれるところまではやったという達成感はあります。
鈍いハンドラーとマイペースなミックス犬のしろ。
でも、表彰台も何回か上げてもらえることが出来て、
思っていた以上に結果も出せたと思います。
ここで一段落で、ちょっと休憩もありかな~とも思うのです。
後はお互いの健康のため、楽しみのため、
時々競技会にエントリーしてもいいし♪
まるきりやめてしまうわけではなく、あくまでもちょっとのお休みということで。


c0123029_02305.jpg



ただ、自分のピアノへの挑戦は別。
今度はしろの助けなしに、一人で自分を克服する。
アジの競技会で緊張して吐きそうになった上り症の私が、
人前で演奏することを目標に、
やれるところまでやってみようと思っているのです。


c0123029_0233076.jpg



憧れていたショパン、バッハ、リスト、モーツァルト。
私のこの指でそれら大作曲家の曲を奏でられる日が来るんだろうか。
そんな無謀ともいえる夢に挑戦してみたいのです。
ピアニストになるわけでもないし、そんな大曲を弾けるようになってどうするの?
なんて思う方もいるでしょうが、
自分の演奏を発表しようと思ったら、
いくらでもそんな機会はあるし、聞いてくださる殊勝な方もいるのです。
それがサークルという場所。
でも、ネットが無かったら入れなかったな~。
改めて、インターネットの凄さを感じます。感謝ですね。


こちらの犬ブログの更新が止まっている時は、
気が向いたらピアノブログを見てやってください。
その時その時の私の頑張りが書かれていると思います。
不惑の年を過ぎて、
ピアノに関しては惑い無し!!
こんな事を思える自分にびっくりしていたりします(笑)


追記

ピアノは幼いころから憧れていましたが、
生まれ変わったら習おうと思っていました。
この年になって習い始めることが出来たのは、
実はしろとのアジのおかげでした。
一時挫折して、犬学校を変わったとき、
もうアジをやめようと思いました。
でも、きっぱりやめてしまったら、
その時は夢中で寝てもさめてもアジだったのに、
何にも無くなるのが怖くて、
何かないかと一生懸命考えました。
そして、その時思いついたのが「ピアノ」
安い電子ピアノもあったし、習い始めたのでした。
っても、アジもやめなかったわけだけれども~~(笑)

結局、しろとのアジの縁のおかげで、
こんなに夢中になれるピアノが見つかったのです。
しろとのアジが無かったら、きっとピアノは習っていなかったことでしょう。
しろには、本当に感謝なのです。

c0123029_0234823.jpg

by sirorin-rin | 2009-08-28 00:23 | 飼い主のつぶやき | Comments(2)

楽しい休日

最近、こんな弱小ブログでも、
イギリス在住の方とか、今日はオーストラリア在住の方から、
「読んでます~」とメールを頂いたりコメント貰ったりして、
最近のデジカメも持たない自分を反省したり。

ブログを持っているなら、
デジカメを常に持たなきゃ。
しろの日常を楽しみにしている人がいるなんて、
飼い主冥利につきるのだから!!


昨日から遠方より、
20年来の友達が家族で訪ねて来てくれていました。
前回、私がその友達の家を訪ねたおりは、
単身だったのでなんの心配もなく、こちらにその時の記事があります。

しかーーーし。
今回は、しろと会うのを楽しみにしている子供たちです。
しろは犬友から「グッキー・しろ」と呼ばれているくらい、
人見知りの犬。犬好きで犬の扱いに慣れている犬友にも、
触ろうとすると歯を剥く犬なのです。歯茎を出すから、グッキー。
犬学校の先生は二度やっつけているし・・・・(ーー;)

もうねー。
冷や汗ものでねー。
大人にも歯を剥く犬が、子供たち相手にどうなるか・・
なんて考えると、もう冷や汗びっしょりでねー(爆)
はっきりいって、デジカメ持つ余裕無し!!!!なのでした。



店の駐車場でハードルとスラロームの簡単なジャンピングを披露して、
その後子供たちにご挨拶すると、背中の毛が逆立ってうなり始めたしろを、
慌てて部屋に連れて行って、その後はしばし食事をしながら歓談。

でもねーーーー、末っ子のかわいいみーちゃんが、
唸られても(苦笑)しろラブ騒ぎをしてくれたので、
夕方、皆でお散歩に。
(あーーーーーー、写真撮ればよかったよ~~)

田舎ならではの山の中の公園に行って、
誰もいなかったので、しろを離して爆走させたり、
子供たちに代わる代わるリードを持ってもらったりして、
楽しい時間を過ごしたのでした。

終わりの頃には、だいぶしろも子供たちに慣れてきたのか、
私が頭を押さえている間、皆に撫で撫でしてもらいました。
しばらくして、唸り始めたから「終了~~」と声をかけたけど・・・(涙)


でも、本当に楽しい時間でした。
人生、頑張って日々すごしていれば、こういうご褒美もあるものなんですね。
神様に、心から感謝なのです(⌒ー⌒)ノ



今日の楽しい時間の写真は、残念ながら無いので、
今さっき撮った写真を・・・
ベタな感じで、「旦那命犬」の写真です。


c0123029_22231859.jpg
c0123029_22233142.jpg



果たして今日も、
狭いダブルベッドに14キロの犬がどーーーんと旦那と寝ていて、
私の寝る余地はあるのだろうか・・・
非常に不安・・・・(苦笑)
by sirorin-rin | 2009-08-23 22:23 | 飼い主のつぶやき | Comments(0)

近況

自分の人生、後半になって、
賭けるものが見つかって、しばし。


ピアノです♪
(ピアノ奮闘日記は、リンクにある私のピアノブログにて)


今現在、本当に出来るとこまでやってみようと決心したので、
睡眠時間を一時間、削っています。


朝7時から軽く4キロ、ジョギング。
寝起きなので、よろよろですが、
目を覚ますためと健康管理のためなので、よろよろOK。

8時前に帰ってきて、シャワーを浴びて、
店の掃除。それが終わると、自分たちの部屋の掃除、
洗濯など・・・。

9時半くらいには、ピアノの前に座れます。
11時まで、一時間半、
休憩を交えつつ、ピアノを集中的に練習。合間にネットチェック(笑)

潔く、ピアノ練習を切り上げて、
店の買い物に。

そして、まかない作り、
仕込みをやり、午後1時半。
しろとの散歩です。

朝、夕方、夜と、
舅がしろの排泄散歩に連れて行ってくれますが、
純粋に楽しみの散歩は、私とだけ。
でもねー、今の時期の昼間は暑いから、
日陰のある公園で、でっかい穴を掘って遊ぶくらいです。

帰ってきて、午後2時半。
少し昼寝をします。
そして、午後四時には店に下りて、
五時開店。
閉店は午前12時です。
早く終わる時もあり、遅い時もあり、
でも、お客さんが来てくださってなんぼの商売。
今のところ、不景気でもなんとかやっています。
有難いことです。

就寝は大体、午前1時半。
もっと遅い時もあります。

睡眠時間が8時間無いと駄目だったのに、
今はどんなに遅くなっても、
朝7時には起きます。
走ったほうが、体が調子いいし。

慣れってすごいな~って思います。
ピアノが弾きたい、それ一心って事もあります。
でも、私の生活で8時間寝てたら、
仕事以外、何も出来ないしー(苦笑)


来月の9月と、年末正月にかけて、
旅行の予定があります。
三日、四日、鍵盤に触らないのは、
今となっては、恐ろしいので、
ポータブルで持っていける電子ピアノを買いました。

c0123029_23283911.jpg

ヤマハポータトーン

ここまではまるなんて、
自分でも思ってなかったですが、
今は鍵盤に触る事がない日のほうが、考えられません。
こんな自分の変化にとまどったりしますが、
でも、楽しい変化です。

どこまでやれるか!
挑戦してみます。

ヤマハの週一回30分のレッスンのほかに、
月2回先生に出張レッスンをして貰っています。
なので、俄然練習にも力が入ります。


ショパン、弾きたいな~。
今の目標は「子犬のワルツ」です♪
(目の前のトロイメライはどうするんだ・・・(ーー;))
しろがうちに来た時を思い出しながら、弾いてみたいな~。
また楽しい目標です。(⌒ー⌒)ノ
by sirorin-rin | 2009-08-19 23:30 | 飼い主のつぶやき | Comments(4)
今日のお休みも、主にピアノの練習。

来月に連休を取るので、
お盆の間は、初めて店を営業していたのですが、
結構、忙しかったです。感謝(^人^)
来年もお盆は営業確定。
まわりは皆休業しているから、忙しいのでしょうね。

来年から、いつも営業していたお正月を、
ローン返済も終わったことだし、
長い連休を貰うことに決めました。
犬連れで温泉旅館に行こうと思ってます。
正月料金だから、たっかいだろうな~~と思ってますが、
今から積み立て、積み立て(笑)




今日の休日、
ゴルフに出かけていった旦那の留守は、
とにかくピアノの練習をしていました。

でもあまり集中して練習しすぎて、
指が痛くなってきたので、ちょっと休憩。
何でもそうですが、筋肉はだんだん鍛錬されていくもの。
あまり一気にやり過ぎない、程度ってのも大事ですね。


今日は「ドラゴンボール・エボリューション
を観ました。

私はドラゴンボールって、テレビでやってるな~くらいで、
全く話を知らないので、
結構楽しめました。
製作されている方々の「日本アニメオタク度」がわかって、
突っ込みどころ満載で、楽しめました(笑)
原作の本当のファンが観たら怒るそうですが・・・


田村英理子さん、
頑張ってますね~~。
ハリウッド映画で、こうして姿を見れるとは。
とても、かっこよかったです。

これから「シャッフル」観ます~~
サンドラ・ブロック主演。
面白いといいな~~~♪
by sirorin-rin | 2009-08-16 21:44 | 飼い主大好き!ビデオ・本   | Comments(2)

風と共に去りぬ

c0123029_2231888.jpg



今日のお休みは主にピアノの練習。
火曜日に、初の先生の自宅出張レッスンがあるし。

中年初心者の私に出来ることは、
何度も何度も何度でも、間違った箇所を繰り返すことだけ。
「努力は人を裏切らない」
そんな言葉が身にしみて、有難く感じている今日この頃です。


しろとのアジレッスンも行ってきました~。
雷がだいぶ近くでなっていて、雷が嫌いなしろも私も、
もう気がそぞろ。
早くレッスンが終わってくれないかと、そればっかり。
そうしたら、先生に、
「雷が嫌いだろうがなんだろうが、
 何が起きても動じない、いかにしろちゃんをどんな状況であろうと、
 楽しく走らせてあげるか、それが今後の課題ですね」
というような言葉で、見透かされた感じで言われました。
恐れいりました。ハリー先生、ごめんなさい。


二十年ぶりに「風と共に去りぬ」を見ました。

c0123029_2234438.jpg


セルDVDで購入済みだったのですが、家で見たのは初めて。

21歳の頃、友達と銀座の映画館で、
初めてリバイバルを見ました。
その時も強烈に感動したので、DVDを買っていたわけですが、
40歳を過ぎて、改めてこうしてじっくり見てみて、
この映画の凄さが改めて分かりました。


SFXも無い時代で、これだけの風景を撮れるなんて・・・・
最初のスカーレットと父親が、
タラの景色を見るシーン、寄り添う人物は黒いシルエットで、
その向こうに広がるタラの巨大な農園が夕焼けと共に広がる。
そして、カメラが下がっていって、
古い木の複雑な黒い枝のシルエットも重なって、
もーーーなんとも言えない情景でした。
年のせいか、涙腺ゆるみました。
それくらい、美しい!!
弾薬倉庫を駆け抜けるシーンは言うに及ばず。


それに、若い頃見たときは、
スカーレットとバトラーの人物も、
こんなに身近に感じられなかったし。

スカーレット、気が強いのはいいけど、性格悪い~~~(爆)
こんな風に奔放に生きてみたいと憧れるけどもが。
そして、こんなに強い人間になりたいとも・・・。
撤回。
なりたいとも、なりたくないとも。
でも、必要が人を成長させるのだ、なんて事も感じたりしました。
実際に私がスカーレットと同じ立場にいて、
彼女と同じことをしないとは言えないわけです。
人間は、どこまでいっても奥が深いものですね。

バトラー、やらしい感じが、いつもラジオで下ネタ全開の谷村新司さんみて~~
(谷村新司さん、ごめんなさい。でも、顔もそっくりですがな)などと、思ったり。

南北戦争も、若いころよりは今のほうがちゃんと理解出来ているし、
若いころ見て感動した映画を、
こうして何十年経って見るのも、
自分の拙いながらに人間として歩んできた成長を感じられて、
感慨深いな~~と、思ったのでした。
やっぱり、人間伊達に年はとらないものなのですね~~~(⌒ー⌒)ノ
by sirorin-rin | 2009-08-09 22:04 | 飼い主大好き!ビデオ・本   | Comments(2)

涼しい話♪

毎日蒸し暑くて、
体調もままならないですね。


少しでも涼しくなればと思って、
ちょっと前の出来事を書きます。

私の妄想が主になっています。
ええ、多分すべて妄想なんだろうなあ。
どうか読み流して下さいね~~。



私のアップライトピアノが来たのが、
6月の下旬。
20年ものの中古です。ディアパソン。

わざわざ消音ユニットをつけてもらったのに、
実は、ここ最近まで使っていませんでした。
ユニットつける意味無かった~~~と思うほど、
使ってませんでした。
音を気にしなくてもいい時間帯に練習したいから、
わざわざつけたのに・・・。

それには理由があって、
家にピアノが来てからすぐに、
消音ユニットを使ってヘッドホンで練習したのです、が。

まず、鍵盤を叩いてもヘッドフォンから音が聞こえずらい。
電子ピアノほどには望んでいなかったけれど、
ここまで音が不安定なのはちょっと・・と思っていました。
試聴した時には、実際のピアノの音とはまるきり違うとはいえ、
もう少し綺麗に聞こえていたはずなのに。
変だな・・と思っていました。
格安でやってもらったから、しょうがないのかしら。
とも、思ったり。

そしてしばらく曲を練習していると、
関係ない音が雑じるようになってきて。

あれ?と思って、
手を止めました。

ネットで調べて、消音ユニットの弱点で、
弱い音が出ずらいとか、音が突然大きくなってしまうとか、
そんなような事は書いてありましたが、
関係ない音がなってしまうというのは見つかりませんでした。
(もし、わかる方がいたらどうぞ教えてください)

それでも、まーしょうがないか~と練習を続けていると、
関係のないアルペジオ(それも5音の!!)が入る。
え!!!!と、びっくりして手を止めると、
音も止まる。
なんかこれは変だと思いつつ、
ドの音をひとつだけ押してみると、
5音のアルペジオが二回、それも高音と低音と鳴りました。
(※ 鍵盤は動いていません)
綺麗なアルペジオ・・・(ーー;)
もう一回、ドを押すと、
またアルペジオ。そして他の関係無い音も・・・


変だ、故障だと思う前に、
私は何か、気のせいだと思いますが、
「意思」を感じました。
自己主張というか・・・
私の下手な演奏に茶々を入れているような・・
ピアノが意思表示??なんて思うのは馬鹿げてますが(苦笑)


でも、それで正直、
自分で気に入って買ったのに、
(もちろん、消音ユニットを使わない状態ではセッセと練習していましたが)
怖いとか気持ち悪いとかいうよりは、遠慮に近い気持ちで、
消音ユニットを一ヶ月以上も使っていませんでした。

20年もののピアノ。
確実に前の持ち主がいたわけです。
それも、当時、わざわざ象牙鍵盤に張り替えている。
安いオプションではないです。
その象牙鍵盤は、良く触っていただろう中心部の鍵盤は、
うっすらと黄ばんでいます。象牙鍵盤の特徴。
前の持ち主が、きっと演奏していたのだろうという、
過去の事実が目の前にうっすらとした黄色い染みであるわけです。

それが霊とかなんとか、
そういう胡散臭いものの仕業と考えるわけでは絶対なく、
ただ、思いや祈りというのは、
思った以上にパワーを持っているものですから、
物質であるピアノに宿ってもおかしくないと思ったりするのです。
人形の髪の毛が伸びるような現象に近いかも。



しかし、一体どういう経過で、
たった20年という間に、
このピアノを手放す事になったのか・・・
初めてこのピアノを見たときは、
ピアノの一箇所は破損していました。
今は修理して綺麗に跡形もないですが、
ピアノが破損するって、一体どんな状況なのでしょう・・・・(ーー;)
想像してもわかる訳もなく。

前の持ち主の気持ちを考えたのは、
正直、初めてでした。
考えても、何も出来るわけではないのですが・・・・。


でも、それから、
毎日私は練習を始めるときには、
「よろしくお願いします」
と、声を出してピアノにお願いしています。
練習が終わると「有難うございました」と、
お礼の声もかけます。
なんか、やらなきゃいけない気がして~~~(苦笑)





そうして、ピアノが来て消音ユニットを使わず、
一ヶ月と一週間が過ぎました。

実は、今日何気に、
消音ユニットのスイッチを入れました。
ええ、トロイメライのせいです(爆)
火曜に先生の出張レッスンがあるのに、
ピアノに遠慮して夜中に練習をしないわけにいかないからです。


そうしたら、
今日はまるで違うもののように、
クリアで安定したデジタルのピアノの音が、ヘッドフォンから聞こえました。
正直、びっくりです。
変な音が混じるとか、アルペジオが鳴るとか、
音が聞こえずらいとか大きくなるとか小さくなるとかも、一切無し。

誰か、説明して~~~~(爆)



私に分かっていることは、
自分で理解しているものよりも、
知らないこと、わからない事の方が多くこの世を支配しているということ。
不思議な事があって、当然だと思うのです。

消音ユニットも元に戻ったし、
これは「トロイメライ」頑張れということかしらん。
(↑先生にあまりにも難しいから、
 他の曲にしたいと申し出たら、却下され(涙))

よーし、
エイエイオーーー!!!(ゲホゲホ)
by sirorin-rin | 2009-08-07 01:19 | Comments(2)

元気いっぱい♪

毎日暑い日が続いて、日中のしろの散歩も大変。
木陰を選んで散歩に行きます。
人気がなくて物騒なので、だんなも同行です。
道を間違うと遭難しそうですから(爆)

c0123029_13512446.jpg





今度の日曜は、久しぶりにしろとのアジ練の予約を入れました。
夕方からのレッスン。虫除けをしっかりしなければ(⌒ー⌒)ノ
by sirorin-rin | 2009-08-05 13:53 | 飼い主のつぶやき | Comments(2)

ピアノレッスン

本当に。

あんなに子供のころ、憧れていたピアノ。
音が好きだったんだよね~。
無性に惹かれた。
近所の金持ちの同級生が弾いてくれたバイオリンも綺麗だったけど、
それは、別にどうでもいい綺麗さ。
「綺麗な音~」って、それきり忘れちゃうような感じ。

ピアノは、心が痛くなるような音だった。
どんな楽器も、私の心にとっては、
ピアノに敵わなかったよなあ。


でも、幼いころは家が貧乏だったから、
親に習いたいとも言い出せず。
でもめげずにピアノを習わなくても、
貧乏なら貧乏なりに親にも可愛がられ、
平凡だけど、私なりに頑張って生きてきて、
いつの間にか大人になって。

今までの人生に不満・・ってのは、
思い返してみても、思い当たらない。
だけど、絶対生まれ変わったら、
ピアノを習おうと思っていた。
これだけは自分に誓っていたよ。



本当にひょんなことから、
40近くになっての手習いでピアノを一から習い始める事が出来て、
今思うことは、
「人生って、何が起こるか分からない」
こんな事を思うに尽きます。

ピアノを、生まれ変わったら習おうと思っていたのに、
生まれ変わらなくても、習えた!!!
これは、はっきり言って衝撃みたいに感じました。


自分から命を絶つ人が多いのは、
こういう世の中だからしょうがないのかもしれないけれど、
私みたいに、思うことも無かった嬉しいハプニングが、
年をとっても人生にあるのだと思えたら、
踏みとどまれるんだろうけれどなあ。


人はね、いつかは必ず死ぬんだから。
永遠に生きている人は一人としていない。
ならば、美味しい思い、
嬉しい思い、楽しい思い、そんな事を寿命ぎりぎりまでして、
死んだほうがいい。
ピアノを習い始められた私は、
今はできる限り生き延びてやると、そしてピアノを弾くと、
そんな事を思ったりしています。

フジコヘミングは「死んだら、それまで頑張ってやってきたことを持っていけるのよ」
なんて言ってるけど、
私はピアノに関しては始まったばかり。
まだまだ死ねません(爆)



なんて・・・・・
以上、以下のための言い訳でした・・(ーー;)


最近、ネットを通して、
3つのピアノのサークルに入りました。
活動地は東京。

それぞれに練習会やら、発表会やら、
予定もたくさんで、本当に楽しく嬉しいです。
ピアノも家で一人で弾いているだけでは、やっぱり物足りないし。
何より、色々な人に出会える。
その経験は人生の財産といってもいいでしょう。

でも、発表をするとなると、
それなりに曲を練習しなければならなくて。
そうなると、
今受けているレッスンだけでは、間に合わない・・
課題とバイエルだけで、
いつものレッスンの30分はいっぱいいっぱい。
発表の曲までまわらないのですよ。



それも、今回選んでしまった「トロイメライ」は、
コメントを下さる、ふくさんが言うように、
超難曲・・・・・
初心者のアレンジでも、難曲です。
指がアクロバットです(爆)



別にピアニストになるわけじゃないのだけれど、
でも、ピアノで得るものは多い。
なので、
毎週1回のレッスンのほかに、発表する曲のために、
月2回、
出張レッスンをお願いすることになりました。

この不景気に超贅沢です・・(ーー;)

月に2回、家まで出張して頂いて、
主に発表する曲のレッスンをして頂くことになりました。


旦那に申し訳ないと言ったら、
「全然」との答え。
なぜなら、私が収支の全てを握っているから、
旦那は分からないだけだったり(笑)


さてさて、
「トロイメライ」の挑戦はどうなるのでしょうか。
記録は続きます。

c0123029_036130.jpg

by sirorin-rin | 2009-08-05 00:36 | Comments(0)

ポピュラーピアノ練習会

ポップスピアノ練習会に参加してきました。
場所は渋谷。

c0123029_2125339.jpg



初めて参加するサークルなので、
どなたも初対面の人ばかり。
ピアノはスタンウェイのグランドだから、
どんな音がするんだろうとわくわくしていたのだけれど、
やはり、いやいや、
かなーーーり、どきどきもして・・・(ーー;)
集まったのは13人。
椅子が並べられて、さっそく演奏会。


こういう練習会に参加するのは、二回目。
自分的に初回と多少違うかしら・・などと思っていたら、
何のことはない、自分の番になって、
簡単に自己紹介と曲紹介をしたら、手が震えて手が震えて!
結局、最初の一回目はまるきりまとまらず。

しかし・・・
上がっている上に、
音がまるきり聞こえない。これにはびっくりしてしまった。

普段練習をしている家のアップライトは、
弦が上にあるつくりのせいか、
音はしみじみよく聞こえるので、
強弱などを確認しながら弾けるし、
レッスンのヤマハのグランドも、
レッスンを受けている部屋自体が狭いから、
あたりの壁に反響して音はよく聞こえる。
だから、ちょっと広い部屋でのグランドピアノの音が、
こんなに演奏している自分に聞こえないものだとは思わなかった。

鍵盤のタッチ自体は、
家のピアノに慣れてきたせいか、あまり違和感を感じなかったけれど、
この音が聞こえないのにはびっくりしてしまった。

後で他の人にこういう事を聞くと、
アップライトなどに比べて、グランドの音はやはり聞こえずらいという意見もあり、
私だけがそう思うわけじゃないみたい。
だけど、聞いている方からは十分大きく聞こえるようなので、
自分に聞こえるように、あまり強く弾きすぎてもうるさすぎちゃうみたいだし・・・
本当に難しいところ。


やはり、アップライトとグランドは別の楽器なのだな・・
そんな事を思ったりしました。
しみじみ、発表会の前にはグランドピアノを借りれる練習場を借りた方がいいな~と、
思ったり。


しかし、人前で弾くということ。
間違わないとか、上手に弾くとかというレベルの前に、
私は自分に負けないように、自分と戦うのを目的に、
これからしばらく練習会などに参加しなければと、決心。

あまりの上がりぶりに、自分で自分に腹が立ってきちゃって、
自分に負けたくないと思って二回目を挑んだら、
間違えたりつっかかったりしたけれど、
なんとか弾ききり、
三回目は、間違ったもののだいぶ落ち着いて弾けるようになりました。

自分との戦い。

それに常に勝てるようになってから、
演奏の中身を考えるようにしよう。
それまでは簡単で短い曲で参加した方がいいかもしれない。





今日私と同じように初めての参加の方が、
「家では完璧だったのに!」
と叫んでらして、やはり私と同じように手が震えてしまって弾けなくなってしまっていて、
(私も同じですよ~~)と、心の中でエールと拍手と送っていたら、
ほかの方も「皆同じですよ~。最初は震えます」
とおっしゃっていた。
こういう励ましをもらえるというのは、
本当に励みになる。


というか。
この年になって、
上がってしまって手が震えて動けなくなるという経験が出来るということ!!(爆)
ピアノを習っていて、こういう練習会に参加しなければ、
得られない新鮮な経験。
普段の生活には絶対無いもんな~。
脳に刺激になってぼけ防止になりそう(笑)

こういう練習会を立ち上げてくださっている方と、
出会わせてくれた縁の神様に、本当に感謝です。



たくさんの演奏も聴けたし、
得るものも多かった~~。
このサークルの練習会の次回は10月。
もうひとつのサークルが9月にあるかしらん。

頑張って練習をして、次回も楽しく臨めれば!
がんばろうっと。(⌒ー⌒)ノ


c0123029_21253683.jpg


(今日の朝のしろとの散歩風景より。はすの花)
by sirorin-rin | 2009-08-02 21:26 | Comments(6)

平成15年の夏、ゴミ捨て場に捨てられていた生ゴミ出身のしろとの生活。・・・・平成30年8月10日、15歳でしろは神様の元へ帰りました。そして、同年の10月25日、ジャックラッセルテリアの子犬「はく」がやって来ました。


by sirorin-rin