人気ブログランキング |

白いしっぽの独り言

sirorin77.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ドキドキが止まらない


c0123029_17365588.jpg
最近のはくのお気に入りの遊び、ペットボトル破壊。



10月12日は、未曽有の台風襲来。
一都六県とか多数の地域に渡り響き渡った警報。眠れない一晩でした。
明るくなった被災地を映すテレビの画面は、
まるで震災の時を思わせるような被害で、
どうしてこう何回も同じ場所に同じような災難がやってくるのかと、
胸が潰れそうに痛みます。
うちの周辺はなんとか被害から逃れましたが、多数が停電した模様。
そのくらいで済んで本当に神様に感謝でした。

被害の多い地域の方々が、少しでも早く復興されますよう、
不明の方々の一人でも多くの人が、無事に見つかりますように。




c0123029_17363903.jpg



はくのレッスン内容は、ここのところ主に私とはくとの関係性が主。
ようは服従、オビディエンス。

前よりはましになったとはいえ、
やはり、はくはリードを引っ張るのは変わらず。
レッスン中でも気を抜くとリードを引っ張る。
それを見逃してしまうと、先生の叱咤が飛ぶ。
「だから、犬が逃げるんだ!」

そうなんです、最近はくは走っていると爆走してしまうことが多く、
呼んでも呼んでも戻ってこない事が出てきました。

あーー、こういうの速いわんさんの走っている競技会の動画なんかでよく見た。
やっぱり競技向きのワキャワキャしている犬って、
こういう走り回りたい衝動に駆られるものなんだろうか・・。
なんて、はくの爆走を青ざめて眺めつつ思いました。

これって、不器用で鈍い私がハンドラーとしてやって、
いつか治るもんなんだろうか。
非常に危ういというのが正直なところ。

でも、こんなに大変な人が多い社会情勢なのに、
こうして犬遊びなんかを有難くもやらせてもらえるのです。
どこまで自分がやれるのか、自分に挑戦してやろうという気が満々でもあるのでした。


来月の三日は地元の町のお祭り。
獣医師会から犬学校へしつけ教室のデモンストレーション依頼があったとか。
そして、はくも出場予定。
良い手本になれるのか、いつも通り悪い手本なのか。
丁度旦那が休みなので、動画を撮ってもらう予定。

こんなドキドキ、犬がいなきゃ無縁だったなーと、
手に汗かきつつキーを打っております。
さーて、どうなることやらー(-_-;)

c0123029_17373361.jpg


by sirorin-rin | 2019-10-14 17:56 | JRテリア「はく」アジリティーへの道 | Comments(0)

向いている犬

残暑がきつい秋。せっせとアジレッスンに通っている50歳の肌は、
季節外れの日焼けをしております。
黒光りしているおばさん。
自分がお婆ちゃんになった時を想像するのが恐い今日この頃(-_-;)



はくのアジレッスンはじりじりと進み、
最近はトンネルとハードルの組み合わせで10基以上を走るようになってきました。
っても、Aフレームやらドッグウォークやら、シーソーなんてまだやってもいないんだけど、
最近のアジのレッスンは障害をやる前に、どんどん走るのを進めていくのだわねえ。
一昔前のしろとのアジでは、まず障害をやれるようになってから、
長いコースを走ったものだけれど、きっと障害をクリアしてからコースを走るのを覚えたのでは、
今の競技のコースの難しさに追いついていかないのだろうな。
だって、しろと走っていた頃は、ハードルの向こうからこちらに向かって飛ばせるとか、
ハンドラーと逆向きに犬を走らせるとか、そんな複雑さは無かったものなー。
何でも進化しているということなのか。
そして、そんな複雑さについていける犬って、本当に凄い生き物だなーと改めて感心なのです。


この間は旦那がレッスンに来てくれて、動画を撮ってくれたので。






せっかちな、はく。
走るのもせっかちで、速い。
きっと、競技をするようになったら、スタンダードクラスだったしろより、
(オプデスではスモール、ミディアム、スタンダード、ラージと体高でクラス分けしていた)
スモールのはくは、速く走るようになるかもしれない。
それが、きっと競技に向いているということなのだろうな。

問題は、私がついていけるかどうか・・。
気が付くと、最近犬学校のせんせに叱られているのは、
ハンドラーの私だけになりつつあるのでした。

つづく・・。

c0123029_07542247.png





by sirorin-rin | 2019-10-02 08:08 | JRテリア「はく」アジリティーへの道 | Comments(0)

平成15年の夏、ゴミ捨て場に捨てられていた生ゴミ出身のしろとの生活。・・・・平成30年8月10日、15歳でしろは神様の元へ帰りました。そして、同年の10月25日、ジャックラッセルテリアの子犬「はく」がやって来ました。


by sirorin-rin